読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コスパブログ

コスパの良いものたちを紹介していきます

我が家のソーラーパネル【雪国編】

我が家に設置したソーラーパネルについてですが

北国というか日本海側の雪国なので、12月~2月は来る日も来る日もどんよりした雪空です。

天気予報をみても週間天気全部雪マークだったりして、、、予報雑じゃないか?とか思ったりするわけですが、当然発電量が落ち気味になります。

私の地域、北国雪国では

年間の発電量の月ごとの比率がどのくらいかというと

6月がマックスで1だとすると最低は1月で0.4くらいですね。

でも0ではないです。

当然パネルの上に雪は積もるのですが、それでも発電します。

理由をは以下の2つです。

1.サラサラ雪で風の強いときはパネル上の雪が吹き飛ぶから。

2.気温の高い日の重たい雪や湿った雪は滑り落ちるから。

3.サラサラ雪で風がない日は人力で雪を落とすから。

3つ上げてしまいました。

というわけで3つめは努力次第ですが、すくなくとも

2パターンの気象条件では放置でも発電します。

 

ちなみに、雪が滑り落ちる角度は30度以上の傾斜が望ましいです。

40度以上だとだいたいすべり落ちます。

20度だと、それでも滑り落ちますが、

人力の日も多めになります。

雪が降る地域で太陽光パネル設置する場合、

傾斜角度30度以上とりましょう。

 

※屋上設置の場合建築の高さ制限で角度とれないこともあります。